2018年1月 技術コーススクーリング4

0

    皆さん、おはようございます。

    世田谷は、一夜明けて、辺り一面真っ白!

    家々の屋根は布団をかぶり、大人は雪かき、子どもは雪だるま雪だるま

    朝早くから、道をつけてくださった方々には、感謝しかありません。
     

     

    さて、先日行われたスクーリングのご報告です。

    1月20日(土)製菓技術コース製菓技術基礎コース
    第4回スクーリングが実施されました

    (製菓衛生師コース振替スクーリング同時実施)


    〜1年目の方は【製菓理論】【和菓子基礎


    理論・実習の担当先生は岩崎先生です
    『膨張剤』『でん粉』『米粉』『蒸し菓子』etc...の
    製菓理論材料・理論実習を学びます。

    午後は実習!【蒸し菓子】ですおいしい

    製品は【利久饅頭】

    初めて「包む」という作業をされる方も、もちろんいらっしゃいます。

    先生の手元を見ながら、真似をしてみましょう頑張る

    生地や餡を小さく分ける「種切り」や、生地で餡を包む「包餡」を
    練習したあとは、いよいよ本番です!!

    黒糖入りの生地で、こしあんを包餡しましょう手

    せいろに並べ、余分な粉をハケで払ってから、蒸していきます!


    蒸気が勢いよく上がっていますね!

    この、せいろを重ねて蒸す時に、せいろを持ち上げる器具、
    その名もセロベーター!戦隊ヒーローみたいでしょうkyuフンッ

    ほかほかに蒸し上がったお饅頭に、焼き印を押して完成です音符

     

     

    〜2年目の方は【洋菓子】
    今日はクッキー三昧!

    上から【ガレット オ ブール】【チュイール オ ザマンド】【シュネーバーレン】
    下に敷き詰められているのが【ホーレンダー ザント ゲベック】

    担当は、猪田先生です。


    こちらは【ホーレンダー ザント ゲベック】

    班で協力して、プレーンとココアの生地を仕込みます。

    2色の生地を巧みに組み合わせて、模様を生み出しましょうキラキラ



    しっかり冷え固まったら、薄く切って焼成です手

    金太郎あめのように、同じ模様が次々に現れますフンッ

    【チュイール オ ザマンド】は、鉄板に薄く広げて焼き上げ、
    熱いうちに専用の型にはめ込んで、形をつけます。

    チュイールは、フランス語で瓦のことライト

    アーモンドが香ばしい、サクサクの瓦ですkyu

    こちらは【シュネーバーレン】
    ココア入りの丸いクッキーに粉砂糖をたっぷりまぶします。

    ココアのほろ苦さと粉砂糖の上品な甘さがクセになります音符
    バレンタインのプレゼントにもハート

    受講された皆さん、お疲れ様でした。
    今の季節、湿気に気を付けて保存すれば、クッキーはよく日持ちするお菓子ですね。
    3時のお供にぜひどうぞコーヒー
    次回は2月17日です。お待ちしておりますニコッtakeko

    ojisan.jpg


     



    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728   
    << February 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM