2017年11月 技術コーススクーリング3

0

    みなさん、こんにちは。

    日に日に寒さが増して、冬の訪れを感じる

    今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

    さて、先日行われたスクーリングのご報告です。
     

     

    11月18日(土)製菓技術コース製菓技術基礎コース
    第3回スクーリングが実施されました

    (製菓衛生師コース振替スクーリング同時実施)

    〜1年目の方は【製菓理論】【洋菓子基礎◆

    理論担当の猪田先生が、チョコレートのテンパリングを
    デモンストレーション。理論と実践ですね頑張る


    午後からは実習ですチョコ

    バターケーキをテーマに、【グーゲルフップフ】を作りましょう♪

    実習担当は、昼間部2年洋菓子科担任の尾崎先生きらきら

    仕込み方のポイントなど、理論を交えて詳しく教えてくれます。

    一人1台、それぞれ仕込んでいきましょう!


    出来上がった生地を型に絞り入れるのにも、ちょっとしたコツがあるんですよひらめき


    焼き上がる過程や、焼き上がりの目安を目で見て確かめましょう手


    焼き上がり、冷めるのを待つ間、ナッペの練習!!

    スポンジケーキなどに、クリームをきれいに塗るための技術です。

    昼間部の学生たちも、朝・夕の自主練習で、ナッペの腕を磨いています筋肉

    短い時間でしたが、少しコツがつかめましたか?

    グーゲルフップフは、セロハンとリボンでラッピングして完成手


    〜2年目の方は【洋菓子◆

    【タルト オ フロマージュ】【エンガディナー】
    【サブレ ニソワ】


    担当は、昼間部1年生担任の中村先生き

    サブレ生地を仕込み、型に敷き込んでいきます。

    このフォンサージュという工程、なかなか難しいのですびっくり

    野口先生もサポートして、フォンサージュしていきます手

    チーズクリームを流して、焼成です手


    じっくり焼き上げましょう=3


    チーズクリームのコクと、サブレのサクサク感がたまりませんハート


    こちらは、エンガディナーのキャラメル音符

    キャラメルを煮詰め、クルミとアーモンドをからめて
    冷ましておきます!!

    生地を敷き込んだ中に、キャラメルを詰めて、
    さらに伸ばした生地でふたをします。


    模様を描いて焼成すれば、濃厚な甘味が楽しめる
    寒い季節にピッタリのお菓子の出来上がりですおいしい


    受講された皆さん、お疲れ様でした。
    技術コース・技術基礎コースのスクーリングは、
    実は年内最後なのです!
    どうぞ、良いお年をお迎えくださいバイバイ
    次回は来年1月20日ですtakeko
    ojisan.jpg

     

     

     



    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM