2017年度 第9回勉強会

0
    皆さん、こんにちは。
    少し遅くなりましたが、先日開催された勉強会のご報告です。

    11月29日(水)、30日(木)洋菓子勉強会が開催されました。
    秋と言えば栗!栗をたっぷり使った製品たちです栗

    【マローネンクーヘン】
    【ウィーン風モンブラン】【シューロールマロン】


    両日ともに平日開催にも関わらず、たくさんの方が受講されました。

    担当は、通信教育部の阿部先生猪田先生。

    プレーンとココアのスポンジ生地を仕込み、
    シート状に焼き上げるところからスタートですバイバイ


    平らにのばすのが、なかなか難しい作業ですね汗


    シートスポンジは、短時間で焼き上げます!!

    オーブン担当の江頭先生は大忙し頑張る

    まずは、シューロールマロンロールケーキ
    カスタードクリームを炊き上げて、、、

    シュー生地に混ぜ込みます!?!?


    これを、薄くのばして焼成です!

    一体どうなるのかというと・・・

    キリンさんのような焼き目のついた生地が出来上がります♪


    あんずジャムを塗ったシューのシートに、
    プレーンなスポンジを重ね、クリームを塗り、栗を散らします。

    入社1年目の松本先生がサポートたまご

    さあ、えいっと巻きましょう手


    栗もクリームもたっぷり!きれいに巻けましたkyu

    ひと味違う、栗のロールケーキですハート

    つづいて、マローネンクーヘンケーキ

    2人分の生地を、卓上ミキサーで仕込みます。

    刻んだ栗とチョコレートを混ぜ込み、型に入れたら
    そぼろ状のクッキー生地を散らしますkyu


    中はしっとり、表面はサクサクに焼き上がります音符


    冷めたら可愛くラッピングきらきら


    栗とチョコレートのバターケーキ、
    温かい飲み物と一緒に召し上がれ〜おいしい


    そして、ウィーン風モンブランケーキ
    珍しい長方形の山型に仕上げていきます富士山

    マロンクリーム、チョコクリーム、クリームの順に
    覆うように絞ります。断面は、ログハウス?

    最後はマロンクリームをモンブラン用の口金で
    絞って仕上げましょうひらめき

    とても美しい三角の山型です!


    半分ずつ、お持ち帰りニコッ

    なかなかのボリューム感です!!

    さあ、何人で分けますか??


    受講された皆さん、お疲れ様でした。
    早いもので、2017年もひと月を切りましたね。
    年々、12月が早く来るような気がしてなりません泣き
    年明けの1月20日は、今年度最後のパン勉強会です。
    お待ちしておりますちゅんtakeko
    ojisan.jpg

     

    2017年度 第8回勉強会

    0

      みなさん、こんにちは。

      先日開催された勉強会のご報告です。

      11月18日(土)和菓子勉強会が開催されました。

      練切手形菓子を6種12個仕上げる、
      体力と根気のいる勉強会となりました!

      まずは、練切餡を練っていきますnull

      お饅頭などに使う餡と比べて、水分をとばした、
      固めの状態まで練り上げます。

      練切餡には、細工に適した粘りを与えるため、
      求肥(ぎゅうひ)が入ります手

      ちぎりながら加えて、さらによく混ぜましょう!

      第9実習室担当の菅野先生が、固さをチェック手

      ここまで練り上げるには、かなりの体力が必要
      なのです!みなさん、本当にお疲れ様でした拍手

      頑張って練り上げた餡は、裏ごしてなめらかにし、
      冷ましておきましょうひらめき


      出来上がった練切餡を、着色します。
      半量ずつ、色素で直接着色したり、
      少量の濃い色に着色した餡を、白い餡に加えて着色したり。

      着色方法も「いろいろ」ですね(笑)

      さあ、いよいよ仕上げていきます手
      第2実習室担当の岩崎先生が、きんとんそぼろの
      植え付けのデモンストレーションきらきら

      そぼろ状に裏ごした練切餡を、餡玉にきれいに
      付ける作業を「植え付け」といいます。
      きれいな丸形に植え付ける、熟練の技が光りますびっくり

      皆さんもレッツトライバイバイ


      水仙の花を一輪、咲かせましょう水仙


      こちらは菊
      三角べらという筋をつける道具で、花びらの筋目を入れていきます。

      中心に大納言の”しべ”を乗せて完成ですキラキラ

      バラバラ花は、スプーンを使って花びらを表現します!!

      スプーンを入れる角度で、見え方が変わってきますね音符

      白椿椿は、布巾で絞り目を付け、形を整えます。


      雪うさぎうさぎは、足や耳、目の位置で、個性が出ていましたハート


      皆さんの力作を、少しですがご紹介します



      受講された皆さん、お疲れ様でした。
      力仕事からスタートして、午後は繊細な工程と、
      気力体力をフルに使った一日だったのではないでしょうか。
      ご自身で作り上げた上生菓子、濃いめの日本茶や、
      お薄、奮発して濃茶でいただくのもいいですねお茶
      どうぞ、ご堪能くださいませおいしい

      次回は平日開催の11月29日、30日です。
      お待ちしておりますちゅんtakeko
      ojisan.jpg


      2017年度勉強会 申込状況10

      0

        みなさん、こんにちは。

        木々が色づき、日中は暖かさが感じられますが、

        いかがお過ごしでしょうか。

        さて、恒例の”お久しぶり”な申込状況です。

         

        洋菓子

        11月29日(栗を使用した製品) 残り 11名

           30日(栗を使用した製品) 残り  5名

         

        和菓子

        11月18日(練切手形菓子) まだお席に余裕がございます。

         

        パン

         1月20日(ドイツパン) キャンセル待ち17名 (待ち番号3〜19)

         

        先日の本校学園祭には、たくさんの方にご来場いただきまして、

        誠にありがとうございました。

        通信教育の在籍生・卒業生の方も、多数お越しくださいました。

        学生たちのおもてなしは、いかがでしたでしょうか。

        また来年の11月3日も、たくさんのお菓子をご用意して、お待ちしておりますちゅんtakeko


        2017年度 第7回勉強会

        0

          皆さん、こんにちは。
          先日の台風により被害にあわれた方におかれましては
          心よりお見舞い申し上げます。
          東京にも台風が迫る中、開催された勉強会のご報告です。

          9月16日(土)第7回和菓子勉強会が開催されました。
          和菓子ファンの皆様!お待たせしましたバイバイ
          製品写真.JPG
          左上から【外郎粽】【東饅頭】【大納言入り浮島焼(デモ)

           


          毎回、たくさんのご参加、ありがとうございますちゅん
          CIMG0954.JPG
          2教室での開催となりました音符

          こちらは外郎粽(ういろうちまき)
          CIMG0960.JPG
          蒸しあがったモチモチの外郎生地を、
          力を合わせて布巾ごと揉みまとめます頑張る

          蜜で硬さを調整しながら冷ましましょう手


          細長い円錐形に整えます。


          ここからが難しいのです!
          第9実習室担当の岩佐先生がデモンストレーションきらきら

          笹の葉、い草を使って外郎を巻いていきます!!

          お手本を見ても…??そんな時は、優秀な助手の先生が丁寧に教えてくれます手



          上手く巻けたようですねkyu


          巻きあがったら、5本ずつ束ねて完成ですニコッ


          粽というと端午の節句のイメージですね菖蒲

          ぜひ来年の5月5日は手作りで♪

          次は東饅頭(あずままんじゅう)

          生地を仕込み、粒あんを丸めておきましょう。

          生地の3倍の量の餡を包みます!!

          皆さんの腕の見せ所ですヤッタv

          卵をハケ塗りして、クルミをのせて焼き上げます。


          焼き上がりに、表面をガーゼで優しくなでなでDocomo_hart2

          油分がのばされて、ツヤツヤの仕上がりに手

          クルミの香ばしさがアクセントの焼き饅頭です!


          こちらは第4実習室担当の船田先生

          デモンストレーションの浮島焼(うきしまやき)です。

          洋菓子のスポンジのようですが、
          餡が入っている分、しっとりとした口当たりちゅん


          受講された皆さん、お疲れ様でした。
          和菓子は手先を使った工程が多く、個人での作業が
          続きましたが、手塩に掛けたかわいい製品が
          お持ち帰りいただけたのではと思います。

          次回は少し先の11月18日ですたまご
          お待ちしておりますちゅんtakeko
          ojisan.jpg


          2017年度 第6回勉強会

          0

            皆さん、こんにちは。
            秋の気配が感じられる今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。
            さて、先日の勉強会のご報告です。

            9月2日(土)洋菓子勉強会が開催されました。

            今回はフランス菓子応用と銘打ち、3製品をご紹介します。

            まずは、タルトの生地を仕込み、型に敷いていきます。


            本日担当の尾崎先生が、バナナのキャラメリゼの
            デモンストレーションきらきら

            教室中に、キャラメルとバナナの芳しい香りがkyuハート


            カスタード入りアーモンドクリームと砂糖掛けしたクルミ、
            先ほどのキャラメルバナナをタルトに詰めて焼き上げます。


            見た目の派手さはありませんが、豊かな味わいは
            秋冬にかけてオススメですおいしい

            (残念ながら販売などはしておりません汗あしからず)

            こちらはプチガトー仕立てのガトーショコラケーキ

            チョコレートたっぷりの生地を仕込みます。

            生地の間にアールグレイのクリームを入れてやったv


            真ん中あたりはまだ柔らかい状態に焼き上げましょう!!


            クリームとフランボワーズで飾り付けひらめき


            まったりと濃厚ながら、柔らかな食感のガトーショコラですおいしい


            こちらも本日担当の酒井先生
            グラスデザートのカラメルをアドバイス手


            カラメルの上に、ヴァニラ風味のババロワを流します。


            さらに、マンゴーのジュレを流し合わせて♪


            カラメルソースがアクセントになった
            夏向きの一品ですねウインクペコちゃん


            受講された皆さん、お疲れ様でした。
            これからの季節に食べたくなる製品のご紹介も
            できたかと思います。ぜひご自宅でも挑戦してみてくださいね手
            洋菓子が続きましたが、次回9月16日は和菓子です!
            お待ちしておりますバイバイtakeko



            calendar

            S M T W T F S
             123456
            78910111213
            14151617181920
            21222324252627
            28293031   
            << January 2018 >>

            selected entries

            categories

            archives

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM